スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PANASONIC TOYOTA RACING TF109 K.Kobayashi, ABU DHABI GP 2009

今週末、いよいよ2011年のF1が開幕です!
舞台はオーストラリア、アルバート・パーク・サーキット。

 

この開幕戦では、日本の大震災を受け、全マシンに日本への応援メッセージが貼られているそうです。
ドライバーたちも、メッセージを送ってくれています。
胸がいっぱいになりました。

ドライバー、チームの皆さんも、良いレースを!

 

-----

さて、前回はトヨタがF1に初参戦し、初入賞を果たしたときのミニカーを紹介しました。
(「PANASONIC TOYOTA RACING TF102, 1st WORLD CHAMPIONSHIP POINT AUSTRALIA GP 2002, M.SALO」(11.03.18))

今回は、そのトヨタが ひときわ大きな輝きを見せてくれたシーズンのミニカーを紹介します。
そして、期待の新星の登場です。

 

IMG_1932.JPG

IMG_1933.JPG

IMG_1931.JPG

PANASONIC TOYOTA RACING TF109 Kamui Kobayashi, ABU DHABI GP 2009 (1/43サイズ)

 

ドライバーは、カーナンバー10:小林可夢偉選手。
2009年シーズン、最終戦アブダビGPを戦ったマシンです。

 

レギュレーションが大きく変更されたこのシーズン。
失われるダウンフォースを取り戻すために、空力面での設計の大きな見直しが求められました。

IMG_1934.JPG

そして、新しい空力構造として登場したのが、リアにあるディフューザーを改良した「ダブルディフューザー」。
より大きいダウンフォースを得るために考え出されたモノです。

当初は、レギュレーションに違反しているのではないかと騒がれたりもしました。
しかし、結局はFIAの判断により合法となりました。
トヨタは、開幕前テストの時点で、既にダブルディフューザーを持ち込んでいた先行組でした。

IMG_1935.JPG

ダブルディフューザーの利だけではなかったでしょうけれども、開幕戦オーストラリアGPでは
 ヤルノ・トゥルーリ:3位表彰台
 ティモ・グロッグ:4位入賞
と、好調なスタートを切りました。

 

トヨタは、序盤4戦で表彰台3回、第4戦バーレーンGPでは予選で1-2位を占めました。
2002年の参戦から8年目、勝てるはずのチームに育ってきたのです。

 

しかし、初優勝には あと一歩およびませんでした。
そして、世界同時不況が自動車メーカーに大打撃を与え、2009年シーズン終了後、F1からの撤退という決断が下されたのでした。
記者会見で、チーム代表だった山科さんが涙を流した姿、今でも記憶に残っています。

 

さて、トヨタはこのシーズン、トゥルーリ、グロッグの2人のドライバーで戦ってきました。
チームの母国レースとなる第15戦日本GPでは、予選でグロッグがクラッシュにより負傷。(「F1日本GP(2009年):土曜(フリー走行3回目、予選)」(09.10.09))
怪我の状態が悪く、残り2戦に参戦できなくなってしまいます。

IMG_1938.JPG

そこで、代役として抜擢されたのが、テストドライバーを務めていた小林可夢偉選手なのでした。

 

第16戦ブラジルでは、ワールドチャンピオンがかかったレースをしていたジェンソン・バトン(ブラウンGP)(「BRAWN GP 1-2 FINISH AUSTRALIAN GP 2009, J.Button & R.Barrichello」(11.02.26))を抑え込む走りを見せて、注目を集めます。
(国際映像にいっぱい映りましたね~)

そして、最終戦アブダビGPでは、タイヤをうまく使いこなす方法を学んで臨み、デビューイヤーで6位初入賞を果たしたのでした。(当時は8位までが入賞)

 

トヨタ撤退で失いかけたF1のシート。
しかし、この2戦で見せた力強い走りが評価され、2010年はザウバーのレギュラードライバーのシートを獲得するのでした。

 

IMG_1936.JPG

可夢偉選手は、この2戦の前にも日本GPのフリー走行1回目(金曜日)で出走しています。
この日、私も現地に行っていたのですが、彼が走る姿は見てないんです。。。
実は、彼が走っていたときは、日本GP限定で販売されたミニカーを買うために、行列に並んでいたのですよ、約3時間^^;
ミテナクテ ゴメンヨ、カムイ。

 

IMG_1939.JPG

最終戦仕様として再現されたこのミニカー、タイヤを見てみると「TG」の文字が入っていますね。
これは、ティモ・グロッグのイニシャルです。
もうこの時点では、グロッグ用のタイヤとして用意が済んでいたんですね。
そんなところが再現されているのも、このミニカーの楽しみの一つです^^

 

IMG_1941.JPG

写真では読み取りにくいですけれども、ヘルメットの上部には「可夢偉」をデザインしたロゴが入っています。

彼の名前の由来は、『「偉」大な「夢」を「可」能にする』。
親御さんは素晴らしい名前を考えましたね。
彼は、自分の夢だけではなく、周りの人たち、ファンの方々の夢を実現してくれるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はらさん、こんにちは^^
自分も持っているこのミニカーですが、はらさんのご説明でより理解できました。嫁さんや子供にも説明してみようと思います(笑)

Re: No title

ラリー好きさん、こんばんは。
モデルとなったマシンの背景が分かると、そのミニカーを持っている満足感が より強いものになりますね^^
ぜひ、奥さまやチビちゃんたちに説明してあげてください!!(笑)

私も、ラリー好きさんのブログで、ラリーカーのことを勉強させていただいています。
こうして、知識が広がっていくのって楽しいですネ。

Amazonライブリンク【本:F1モデリング】

「F1モデリング」は、多彩な視点で撮影した写真と共に、各チームのマシンを解説した本です。
また、オールドF1マシンの紹介記事もあります。
写真が豊富なので、パラパラとめくってみるだけでも面白いです。
F1マシンのデザインに興味がある方は、一見の価値ありです。(コメント by はら)
プロフィール

作者:はら

はら

Macを使い続けて20年以上。
自分で運転する訳じゃないけど、なぜか車好き。
今ではすっかりミニカーにハマってしまいました。

W.M.C.C
W.M.C.C
私は"Web Miniature Car Community"の会員です。
W.M.C.C
W.M.C.C Official Web Site
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Made on a Mac
アップルWebバッジ
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。
Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Powerd By ecto
ecto
ブログ記事の作成には、Mac用ブログエディタ「ecto」を利用しています。
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。