スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Infiniti Red Bull Racing RB10 S.Vettel, Australia GP 2014

ここ数日は、ぐんっと気温が上がりましたね。
3月に入ってからも雪が降ったりしましたが、もう下旬。
そうそろ桜も楽しめる季節がやってきました (^o^)

 

-----

さて、前回の更新から、長らく間が空いてしまいました^^;
久々の更新、ミニカーネタです。

IMG_4700.JPG

Infiniti Red Bull Racing RB10 Sebastian Vettel, Australia GP 2014 (1/43サイズ)

 

レッドブルレーシング2014年のマシン。
ドライバーはカーナンバー1、セバスチャン・ベッテルです。

 

2010〜2013年と、4年連続でワールドチャンピオンを獲得したベッテル。
とにかく、レッドブルもベッテルも強さを見せたシーズンが続きましたが。。。

しかし、2014年は大幅なレギュレーション変更が行われました。
やっぱりこの世界は、出る杭は打たれてしまうのでしょうか。
メルセデス勢が圧倒的な強さを見せ、レッドブルを含むルノー勢は元気をなくしてしまいました。

 

このミニカーは、開幕戦オーストラリアGP仕様のマシンを再現しています。
でも、このレースでは予選12位、決勝リタイアといい結果を残せませんでした。
2014年シーズンを通して見ても、優勝できなかったんですよね(表彰台は3回)。
チームメイトのダニエル・リカルドは、3回の優勝を獲得していますから、ベッテルは悔しかったことでしょう。

 

例年ベッテルのミニカーは、MINICHAMPSのものを買っていましたが、今回はSpark製です。
これを選んだのは、セールでお手頃の値段になっていたというのが大きいです(^^)v 

ただ、手放しで喜べるわけでもないんです。
インダクションポッド(ドライバー後ろの辺り)や、フロントノーズの黄色の部分が、Spark製ではだいぶオレンジっぽい色合いになっています。
これは、MINICHAMPSの方がイメージに近い感じ。
ボディの艶も、MINICHAMPSの方がキレイな印象を受けました。

 

でも、MINICHAMPSのミニカーは高騰しちゃったので、今後はSpark製の方を選ぶ機会が多くなるかもです。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Amazonライブリンク【本:F1モデリング】

「F1モデリング」は、多彩な視点で撮影した写真と共に、各チームのマシンを解説した本です。
また、オールドF1マシンの紹介記事もあります。
写真が豊富なので、パラパラとめくってみるだけでも面白いです。
F1マシンのデザインに興味がある方は、一見の価値ありです。(コメント by はら)
プロフィール

作者:はら

はら

Macを使い続けて20年以上。
自分で運転する訳じゃないけど、なぜか車好き。
今ではすっかりミニカーにハマってしまいました。

W.M.C.C
W.M.C.C
私は"Web Miniature Car Community"の会員です。
W.M.C.C
W.M.C.C Official Web Site
カレンダー
12 | 2015/03 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Made on a Mac
アップルWebバッジ
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。
Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Powerd By ecto
ecto
ブログ記事の作成には、Mac用ブログエディタ「ecto」を利用しています。
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。