スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W.M.C.C 第2回カスタムミニカーコンテスト:制作記

一時期、カーレースゲームにハマっていた まめ太(長男)。
最近は あまりやらなくなっていましたが、昨日くらいから またやる気になったようです。

そんな まめ太も、この4月から保育園に通うようになりました。
おめでとう、まめ太。
これからも、どんどん成長していくんだろうね。

 

-----

さて、先月のW.M.C.Cオフ会(「W.M.C.Cオフ会:祝「店長のひとりごと」開店2周年!」(10.03.25))では、
 第2回カスタムミニカーコンテスト
が開催されました。
お題は、『ワタクシ的スーパーカー!( ̄ー ̄☆キラリ 』 。

今回は、拙作の制作記を綴ってみようと思います。

 

---

コンテスト開催から、さかのぼること2ヶ月前のこと。
1月の定例オフ会に参加したとき、私は この手のことは苦手(アイディアも腕もない・・・)なので、すっかり出場辞退のつもりでした^^;
でも、はっちさんから「F1もスーパーカーですよ。やってみませんか?」とお誘いのお言葉をいただきました。

 

それから何日か。「う~ん」 と悩んでいたところ、ふわっとアイディアが降ってきました(!)

IMG_9248.JPG

TOYOTA SPRINTER TRUENO (AE86型) <頭文字Dバージョン>
(写真は、トヨタ博物館の企画展で展示されていたモノです。)

マンガ「頭文字D」(しげの秀一先生作)で、主人公の藤原拓海が乗りこなし、数々のバトルで強敵を打ち破っていく あのクルマです。
この時代のトレノ・レビンは、その型式から「ハチロク」の愛称で知られていますね。

 

このハチロクを さらに進化させてみたら・・・
行き着く先をF1にしてみたら・・・

 

---

そこで、リサイクルショップへ素材(ベース車両)を探しに出かけました。
京商コンビニシリーズの「McLaren MiniCar Collection」がいいかなぁと思っていたところ、ちょうど良さそうなモノを見つけました。

IMG_9435.JPG

McLaren Mercedes MP4-12 (1/64サイズ)

シルバーと黒のボディが、パンダトレノっぽいかな?

 

私には腕がないので、カスタムはプチレベルにとどめることにしました。
カスタムしようと考えたのは、次のポイントです。
 (1)「藤原とうふ店(自家用)」のロゴを入れる
 (2)ナンバープレートを付ける
 (3)紙コップを付ける

でも、さすがに これだけでは寂しいので、
 (4)MINICHAMPSのF1ミニカーっぽい台紙を作る
というのもやってみることにしました。

 

---

まずは、
 (1)「藤原とうふ店(自家用)」のロゴを入れる
から。
私的には、これが今回のカスタムで50%の重みを占めます。

 

それならば、デカールを作らなくっちゃ。
デカール作り初挑戦の私。我が家にあるのはインクジェットプリンタ。水で転写するシールを作るには、工夫が必要です。

以前、「インクジェットプリンタでデカールを作るには、タトゥシールを使うとよい」と聞いたことがあったので、とりあえずダイソーへ探しに行ってみました。

IMG_9433.jpg

まっさらのモノがなかったので、すでに模様が印刷されているモノをゲット。
隅っこの余白部分があれば充分ですからね。

印刷用のデータは、PowerPoint(Office 2004 for Mac)で作りました。
#昔はMacromediaのFireworksを持ってたんですが、バージョンが古くて今のMacでは動かないので。。。
とても小さい文字になるので、単純なテキストオブジェクトではNG。(設定できる最小フォントは4pt。これではまだ大きいのです)
そこで、ワードアートを利用してみました。 これなら、サイズ・回転・反転も自由自在。

データを作り、印刷して、恐る恐る転写してみたら・・・あぅ、失敗!
見事に、じわ~っと にじんでしまいました(>_<)
やっぱり、代用品じゃダメかぁ。

 

今度は、近所の文房具屋で、こんな用紙を見付けてきました。

IMG_9437.jpg

水転写式のモノではなく、インクジェットプリンタで印刷できる「透明なシール」です。
「プチカスタムだし、これでいっかぁ」と購入してリトライ。

IMG_9439.JPG

おー、できました、できました!
心配していた周りの部分との質感の違いも、あまり気になりません。
OK、50%完成(^^)v

 

---

次は、
 (2)ナンバープレートを付ける
です。

 

これは、PowerPointでワードアートを使ってデータを作り、印刷して貼り付けただけです。
ナンバーの内容は、トヨタ博物館に展示されていたクルマに付いていたモノと同じにしました。
用紙はマット紙、接着は両面テープ。

60%完成(^^)v

 

---

そして、
   (3)紙コップを付ける
です。

 

IMG_9251.JPG

「頭文字D」では、主人公の父親が、荷重移動の感覚を身に付けさせるために、紙コップに水を入れて、それをこぼさないように運転させるというエピソードがあります。
この紙コップを再現しようと考えました。

困ったのは、その材料です。
最初は、ヤクルトのストローが細そうだから使えるかなと楽観していたのですが、1/64サイズのミニカーには太すぎました^^;

さぁ、困ったときは、まずはダイソーへ。

IMG_9510.JPG

ちょうどいいものを見付けました。カラフルゼムクリップです。
白いクリップの皮膜を切り取って、紙コップに見立てることにしました。
少々オーバースケールですが、まぁ雰囲気は出ているかなぁと。
接着は、またもや両面テープです。

70%完成(^^)v

 

---

最後は
 (4)MINICHAMPSのF1ミニカーっぽい台紙を作る
です。

 

印刷用データは、同じくPowerPointで作りました。
一応、MINICHAMPSのMcLaren用っぽいデザインにしてみました。

IMG_9512.JPG

これがプロトタイプバージョンです。
台紙の下には、京商コンビニシリーズの台座が入っています。

 

本家MINICHAMPS版のチェッカーフラッグ柄は、ゆるやかな曲線を描いています。
でも、PowerPointで それを再現するのは難しいので、黒地に白い菱形を並べて、それっぽくしました。

「頭文字D」→「頭文字F」のロゴも入れて、と。

 

---

そして、いろいろひっくるめた完成版がこちら!

IMG_9933.JPG

プロトタイプでは、用紙はマット紙を使用していました。
しかし、ツヤがなくて質感が良くなかったので、フォトペーパーで作り直しました。
フォトペーパーで作った台紙の質感は、思った以上に良かったです。

ミニカーの配置は、プロトタイプではネジで固定できる位置に置いていました。
すると、ミニカーに隠れてしまうテキストがあったため、少し斜めに置くように変更しました。

ミニカーが右向きなのは「藤原とうふ店(自家用)」の文字が見えるようにするためです。
右向きは、レアですがMINICHAMPS版でも過去に例があるので、それに倣いました。

 

IMG_9935.JPG

リアのナンバープレートは、この写真のように付けました。
接着は、これも両面テープ。
フロントにも、同様に付けています。

 

IMG_9936.JPG

マシン名は、ハチロクにちなんで「McLaren Mercedes MP86」。
ドライバーは、もちろん「Takumi Fujiwara」。

あと
  「Paul's Model Art」→「Hara's Model Art」
  「MINICHAMPS」→「NISECHAMPS」
なんて小ネタもちりばめたりして。

 

既製のタバコロゴデカールを貼るのはやったことがありましたが、今回のようなカスタムは初めてでした。
プチでしたが、それなりに楽しめたかな^^

IMG_9937.JPG

でも、塗ったり削ったりは、やっぱりムリかも^^;

 

以上、カスタムミニカー制作記でした。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Amazonライブリンク【本:F1モデリング】

「F1モデリング」は、多彩な視点で撮影した写真と共に、各チームのマシンを解説した本です。
また、オールドF1マシンの紹介記事もあります。
写真が豊富なので、パラパラとめくってみるだけでも面白いです。
F1マシンのデザインに興味がある方は、一見の価値ありです。(コメント by はら)
プロフィール

作者:はら

はら

Macを使い続けて20年以上。
自分で運転する訳じゃないけど、なぜか車好き。
今ではすっかりミニカーにハマってしまいました。

W.M.C.C
W.M.C.C
私は"Web Miniature Car Community"の会員です。
W.M.C.C
W.M.C.C Official Web Site
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Made on a Mac
アップルWebバッジ
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。
Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Powerd By ecto
ecto
ブログ記事の作成には、Mac用ブログエディタ「ecto」を利用しています。
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。